スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

流産後のチェック検診

月曜に予定していた流産後のチェック検診を今日受けてきた。



まだ、直径1cm弱の塊がエコーに映っていたけど、大方のものは流れ出てしまっていた模様。
「この小さな塊がちゃんと出るまでは、出血も続くと思うわよ。出血量がまた増えだして万一止まらないような状態になったら、必ず病院へ行きなさい」と、今日の検査結果をエコー写真とともに紙に書いたものを先生はアタシに託してくれた。



「やっぱり、流産3回目っていうのは、ちゃんと調べてもらったほうが良いわ。不妊治療専門医のところにちゃんと行きなさいね」とも指導を受ける。今回のアタシの3回目の流産について不妊治療専門医に手紙を書いたのだが、返事がない、と言われた。すみません、先生、専門医は10月いっぱいお休みなのですよ。11月頭に予約を入れたことを告げる。




「でも、専門医に今回の流産の連絡をしたときに、お腹の中で死んだ卵の組織検査を提案してくれると思ったんですよね。だけど、全然そういうことは勧められなくて…」とぼやくと、アタシのような初期流産では、死んだ卵を調べてもわかることは少ないので、あまり意味がないと即答された。この国の不妊・不育治療では、そんなもんなのかなー。でも、3回目の流産からは検査の必要有りというのは、日本と同じだけど。



流産の原因がひょっとしたら自分の双角子宮のせいかもしれない、と示唆すると、「ちょっとエコーで見てみましょう」と再び診察台の上に促された。
下腹部の上からエコーをあてて診ながら、先生は、「エコーではあんまりよく見えないけど、私の印象では、双角というほど二股の形状ではないと思うけどねぇ…」とのコメント。
こればっかりは、やっぱり来週予約をしなおしたMRIの検査結果を待ったほうがいいのかもしれない。



最後に、次の妊娠には、2ヶ月は待ちなさいね、と先生は付け加えた。
前回の流産のときと同じコメントですね、先生。
診察室を出る前に、「この次、もし元気な妊娠をすることができたら、また先生の門を叩きます」と告げると、先生は笑顔で、アタシの背中を軽くたたきながら、「了解です」と、言った。




本当に、本当に、数ヵ月後、先生のところに戻ってきて、元気な小さな赤ちゃんのエコー画像を確認できたらいいなぁ…
スポンサーサイト

テーマ : 習慣性流産、不育症
ジャンル : 結婚・家庭生活

まだ続いてます、出血

大量出血の早朝から、36時間が経過したけど、依然出血は続いており。
っていうか、昨日の夕方ぐらいから軽快してきた感じだったんだけど、今日の夜になってから腹痛と共に第2波がやってきた模様。



レバーみたいな大小の塊がまたボロッ、ポロポロ、と滑り落ちてきて、気持ちが悪くなった。



前回の流産のときは、そもそも流れ落ちるものがほとんどなかったから比較にならないけど、初回のときだって、こんなに何回も時間差攻撃で塊が流れたっけか?
それとも、今回は中絶誘発剤を用いていたからこんな感じにバラけて出てくるの?



今日の午後、昨日キャンセルの留守電を残しておいた婦人科医と、予約を取り直した。
次の予約は明後日の夕方。
それまでには、もうお腹の中に何も残留物がない状態になってるといいんだけど…

テーマ : 習慣性流産、不育症
ジャンル : 結婚・家庭生活

ほんちゃん、来たり

早朝5時頃、腹痛を覚えて目が覚めると、生温かい液体が流れる感覚が。
きた。
本格的のがきた!



トイレに行って、パッドを当てなおし、婦人科医から処方されていた痛み止めを飲む。



その後も、出血はどんどん増えている感じ。
ベッドに横になっていても、血が流れているのがわかる。
そして、それから程なく、寝ぼけて泣き出した息子をなだめに行くために立った瞬間、脚の間から固形物がすり落ちたのがはっきりわかった。



「おかあさん、ちょっとトイレに行ってくるから待ってて」
眠っているのか意識があるのか、目をつむったまま微笑んでいる様子の息子に言い残し、トイレに行って下着を下ろすと、便器に胚嚢と思われる赤黒い塊が滑り落ちた。



あぁ、流れたんだ。本当に。



その後も出血の量は落ち着くころか増えるばかり。鶏レバーのような血の塊も幾度か混じる。
15分おき位にナプキンを取り替えに起きるけど、それじゃとても間に合わない。
「大丈夫?」とダンナに声をかけられて、それまで我慢していた涙がこぼれてきてしまった。
本当に終わっちゃったんだな。



「欠勤して付いててあげようか?」と訊いてくるダンナに、「病院にいかなきゃやばそうな感じになったら電話するから」と答えて仕事へ送り出し、婦人科医とMRI検査を予約したクリニックに、キャンセルの電話を入れる。
出血量も半端じゃないし、お腹の痛みのこともあったので、今日は家で安静にしていた方が無難だろうしね。
下着もパジャマもベッドシーツも汚してしまった。
また今日も洗濯機を回さなくちゃ。



日中の職場でもなく、出勤を数時間後に控えた朝でもなく、休日の朝に完全流産が始まったことは、不幸中の幸いだった。
息子も幼稚園だし、ひとりでゆっくり横になってられるもの。



胚嚢も人工的に外に出されちゃうのが怖かったのかもね。
だけど、こんなにぎりぎりまで待たなくてもさ。
今度は元気に元気に育てるように、最強の染色体を持って、アタシのところに戻ってきてね。

テーマ : 習慣性流産、不育症
ジャンル : 結婚・家庭生活

まだちょっと迷ってます、いろいろと

結局大量出血を迎えぬまま週末になってしまった。


週明け月曜日の朝一で、ちゃんと完全流産したかどうかチェックするための婦人科とのアポが入ってるんだけど、全然だめだろうなぁ…


だって、やっぱりソウハはちょっと怖い。
そして、ここ数日毎晩、9時半過ぎぐらいになると、なぜか生理開始のような鮮血の出血と軽い痛みが始まるので、「お、今夜こそとうとう来たか!?」とその都度自然流産を期待してしまった、ということもあった。
でも、その思わせぶりな出血と軽い痛みは、朝になると完全に止まってて、空振り続き。
今日は今日で週末出勤だったし、病院にアポを取るわけにもいかなかった。


そして、月曜日の朝のもうひとつのイベントは、卵管のMRI検査。
この検査の処方箋が不妊治療医から送られてきたのは、8月中旬。
5月頭に行った卵管造営検査で、双角子宮であることが判明した私。
それが体外受精をするのに支障がない程度の双角なのか、それとも壁を除去する手術が必要になるレベルの双室なのかをチェックするためのMRI検査。


実は9月の2週目にこの検査をする予約を入れていたのだが、妊娠が発覚したためキャンセルしたという経緯がある。


体外受精に踏み切るかどうかの夫婦としての覚悟もできてないのに、このMRI検査を行うことに果たして意味があるのか、疑問にも思ったけれど、アタシの卵巣の形が原因で3回の流産が引き起こされている可能性もあるのならば、ちゃんと検査しておきたいと思ったから。
妊娠中はできない検査だし、タイミング的にはこれを逃す手はない。


あぁ、だけど。
双室だったらどうする?
壁を除去する手術をする?


そうじゃなくても、体外受精は始めるの?
それとも、流産後の体が落ち着いたら自然妊娠をまたトライしてみる?
不妊専門医はそれについて理解してくれると思う?
そもそも、自然妊娠で元気な卵が育つ確率はまだあるの?
不妊治療に対して煮え切らないダンナを説得できると思う?


前に進んでいるつもりなのに、実はぐるぐる回ってるだけのような気がする。
せめて、この流産さえ明日中に片付いてくれたらいいのに…

テーマ : 習慣性流産、不育症
ジャンル : 結婚・家庭生活

婦人科医の先生のコメント

「先生、すいません。頂いた錠剤を全部飲み終えたのですが、本格的な出血が始まらないんですけど…」
「飲み終えたのはいつ?」
「今日の昼です」
「お腹の痛みもないの?」
「ないですね」
「あと二日待って、それでも痛みも大量出血も始まらないようだったら、病院にかかってソウハしてもらいなさい」
「はい…」


昨日の夕方の婦人科医との電話での会話。
あまりにも想像通りの「この国ではこうだろうなぁ」という展開だったので、驚きも悲しみもセンチメンタルも生まれませんでしたが。
せめて、別の錠剤を処方してくれたりするのかな、なんてちょっと期待したりもしましたが、そこまで先生も暇じゃないのでしょう。患者はアタシ一人じゃないしね。


できれば、自然に流れ出てほしいよなぁ。
日本ではソウハが主流とは聞いてるけど、今更ながら、子宮器内に人工的な操作を行うことで、子宮が傷ついたりしないのかって心配になってきて。一方、中絶剤を用いると出血が止まらずに危険な状態になることがあるとか読んだりしたけど、過去2回の流産ではそこまで大量の出血もおこることはなかったしね。
エコーの胎嚢の大きさからすると、初回の流産のときより数ミリ小さい程度だから、自然に流れるとしたら多分あのときみたいな感じになるんだろうなぁ、という予測はつく。あのときは10週目に入って不正出血が始まって、それから24時間ぐらいで自然流産に至ったんだよな。今回は今9週目に入ったぐらい? 
アタシの体、やっぱり10週目まで待つつもり? 
もー、早くリセットさせてくれっ!!
しかし。
あの流産から4年半も経ってるし、アタシの体も4年半分衰えてはいるんだろうから、あのときの痛みよりちょっときついんだろうなぁ…
だけど、あのときと同じような自然流産になるのであれば、その3か月後には元気な赤ちゃんに恵まれるかもしれない!、という期待が生まれる。
ソウハしたら次のしこみまで半年は待った方がいい、なんて意見も聞くしね。


現在も、ときどきちょこっとシミが下着に着く程度の出血状態。
ナプキンも、もういい加減あててても意味がないような気になってきます。


いずれにしてもソウハ手術に体を空けられそうなのは近々では来週の月曜日しかないので、これから週末にかけて自然に流れ出してくれたらBESTだなぁ…

テーマ : 習慣性流産、不育症
ジャンル : 結婚・家庭生活

プロフィール

ミネミネット

Author:ミネミネット
二人目待ちアラフォーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。