スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信頼関係あってのステップアップ

「結局さ、この先不妊治療にステップアップしていくとして、信頼関係がなくちゃだめだよね。君はその先生、信頼できるの?」


他人事のようにダンナが言う。


まぁ、子供を宿すのはアタシの身体なんだし、不妊治療を考え始めたこともアタシが主導していることだから、アタシがまず信頼できなきゃ、確かに意味ないんだけど。


信頼…


確かに、ない。
この不妊治療医は、他の選択肢は一切提案せず「さっさとFIVしちゃいなさい」と促すだけ。
何故卵管造影検査の結果を確認した5月の診察の時に、子宮内の隔たりを除去する手術を示唆してくれなかったのか。MRIによる再検査の処方だって、そのときにすぐ出してくれれば、今回の流産は避けられたかもしれない。



この先生の下では納得して先に進むことはできない。



「信頼…できてないと思う。」と答える。



「確かにこの先生は不妊治療医としては名医かもしれない。だけど、クリニックは私立だし、そりゃ、人工授精や体外受精をする患者がいた方が、クリニックの儲けになることは確かだろ。患者に自然妊娠されたら1ユーロも入ってこないんだから」



そりゃそうだ。



この国の不妊治療は基本的に社会保険が下りる。体外受精も3回までは保険で下りるので、私達の懐が痛むことはない。が、料金は前払い制なので、1回の体外受精に最低でも4000ユーロぐらいの出費があることが予想される。
だけど、その1回4000ユーロは、だれが負担しようがクリニックに支払われるわけで。



「公立病院の専門の先生に、意見を聞くっていうのはどうかな?」とダンナ。



そうだよね。
公立病院の先生だったら、儲け主義的な観点からやみくもに不妊治療を勧めてくることもないかもしれない。
それに、セカンドオピニオンはやっぱり欲しいし。
公立病院の専門科を、とりあえず探してみよう。


スポンサーサイト

テーマ : 不妊治療
ジャンル : 結婚・家庭生活

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして

こんにちは。
私も海外在住(南半球)で、MISOPROSTOLで検索していたらたどりつきました…日本では流産ではまったく使われてない薬みたいで検索してもほとんど何も出てこなくて。
海外ではこんなに主流なのに。

私は3年前にようやく自然妊娠→しかし流産し、その後もなかなか妊娠できないので治療に踏み切りました。
そして先月2度目の人工授精で陽性がでましたが、先週8週で育っていないことが確認されました…

そして、あしたMISOPROSTOL服用のためにプチ入院です。
朝から個室に入り経膣で服用、だいたい6時間以内に出て、夕方には家に帰れるという話なのですが、本当にうまくいくのか心配です。

私は一人目待ちなのですが、次も流産したら、やはり本格的な検査をするそうです。
それでは、お互い治療がうまくいくといきますように…。

それでは。

はじめまして!

コメントありがとうございます。
検索でこのブログにたどりつけるんですか!? それはびっくりしました。
Misoprostol、経膣でも服用できるんですねぇ。こちらは欧州ですが、ソウハはどうも「薬でだめだったら」って感じみたいですね。すみれさんの経過が順調であることをお祈りします。8週で進行流産…辛いですよね。きっと次回は元気な赤ちゃんが育つようにお祈りしています。お互い頑張りましょう!
プロフィール

ミネミネット

Author:ミネミネット
二人目待ちアラフォーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。