スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジーン・ワルツ映画化

ジーン・ワルツが映画化されるらしい。
http://www.cinematoday.jp/page/N0020783




主役の理恵には、菅野美穂。
個人的にも大好きな女優だし、年齢設定的にもぴったり。
彼女だったら、これだけ毒のある恐ろしい女も立派に演じきれることでしょう。
それにしても、イグアナの娘も、もう中堅の女医さんになる年ですか…



みどりの役は、風吹ジュン。
これまたぴったり!
50代後半なのに、見ようによっては40代前半にも見えるという容貌も、マドンナ的な優しそうな雰囲気も。



マリア先生は、役者陣を見るに、どうやら浅丘ルリ子。
これまたイメージどおり!
減量して臨まなくても、末期癌で余命幾ばくも無い…だけど芯の強い…という役ができそう。



清川先生には田辺誠一。
ここもまぁ、悪くは無いけど、もう少し狡賢そうな40代前半の2枚目でも良かったのでは?
強いてあげるならば、仲村トオルとか。
仲村トオルは、テレビで白鳥役やってるから、無理だったんだろうけどさ。
それにしても、菅野美穂演じる「理恵」の相手役が「吾郎」とは、なんとも皮肉な…





田口先生を女性に仕立て上げたチームバチスタなんて絶対観たいと思わないけど、この配役陣のジーン・ワルツなら実写版を観てみたいかも。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミネミネット

Author:ミネミネット
二人目待ちアラフォーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。