スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かかりつけの一般医に報告

今日は、かかりつけの一般医に妊娠の報告に行った。




今回の一般医に検診に行った目的は、妊娠申告書をもらうことだったんだけど、
「妊娠申告書は、最初の公式エコグラフィーが終わったらになります。今のあなたは流産の可能性が非常に高い時期にいますからね。公式エコグラフィーが終わったら、また戻ってきてください」
と言われる。




がーーーーーん




と同時に、




むか~っ




流産の可能性が非常に高い時期ね。
知ってますよ。
こちとら流産3回に不正出血数回のプロですから。




ただ、5年前の妊娠では、8週目あたりには妊娠申告書もらってし、今回もこのあたりで当然もらえると思っただけですよ。




そもそもさ、一般医に公式エコー以外の妊娠検診をしてもらおうとなんて思ってなかったのよ。
経過説明をして血液検査の処方箋書いてもらうだけで22ユーロなら、婦人科医に毎回エコーで赤ちゃんのチェックしてもらって倍取られる方がまし。




5年前に妊娠したときは、かかりつけの一般医なんて特に選定してなかったし、婦人科医にしか検診してもらってなかったし。
でも、この国って今、「まずはかかりつけ医」って風潮になってるし、D先生にもかかりつけの一般医に妊娠報告をするように、って言われたから参上しただけ。




「おめでとうございます」の一言もなかった。




第一公式エコーが終わったら、婦人科医に迷わず戻ります。
スポンサーサイト

テーマ : 妊娠初期(1~4ヵ月)
ジャンル : 結婚・家庭生活

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミネミネット

Author:ミネミネット
二人目待ちアラフォーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。