スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第一期エコグラフィー検診

この国では、妊娠11週目から13週目にかかることが義務付けられている、第一期エコグラフィー検診。



13週目初日の今日、受診してきた。



D先生から紹介を受けた二人のお医者様のうち、職場から至近だったA医師に予約を入れていたのだったが、「この住所はひょっとして…」と思っていたらそのとおり、今朝クリニックの前に立ち、そこが息子の第一期エコグラフィー検診をしてくれた先生のクリニックであることを確信。



「初診ですよね?」と受付で言われ、「5年前に一度来診したことがある気がします」と答えると、受付嬢はアタシの名前をパソコンを叩き、「確かに。記録がありました」と情報をすぐに拾い出した。



8時を回り程なく、A医師登場。
残念ながら先生のお顔は忘れてしまっていたが、「確か日本で息子さんが暮らしているんだったよなぁ」と先生と5年前に交わした四方山話はすぐに思い出せた。
案の定、最初に出身国を訊かれ、日本と答えると、8年前から東京に暮らしているというご長男と、今年から大阪に留学している娘さんの話が始まった。ご自身も、3年前から日本語の勉強を始めたらしく、エコグラフィーが始まると、
「これが、visage。カオ?」「ここが、les oreilles、ミミ?」と、アタシに日本語添削を促しながらの画像説明となった。ものすごい向学心!
「ここが、vessie。ボーコー?」と言われたときは、思わず「は?」と聞き返してしまった。
外国人の口から、「膀胱」という単語を耳にしたのは初めてのことだった。



5年前と同様、鼻の骨格の様子と、首の後ろの肉の厚さについては、特に入念に、幾度も画像を止めてチェックを行っていた。
ダウン症児である可能性がこの2箇所から窺えるのだ。
ダウン症児は鼻が低めで、首の後ろの肉が厚いのだという。
「アジア人はそもそも鼻が低めだから、アジア系の胎児のこの部位のチェックは必ずしも当てにならないのだけど、あなたの赤ちゃんは、鼻が高いわね」
と、まず、鼻の骨格はクリア。



首の後ろの肉の厚さについては、最初に撮った画像では、1.0mmと平均的な厚さだったのだが、「念のためもう一度撮っておきましょう」と、別の角度から撮った画像では、1.6mmあった。これは若干太めになるらしい。
「首を後ろに逸らしたり前に傾けたりすると厚さが微妙に変わるから、この結果からではなんとも言えないんだけれど、母体血清マーカー検査(ダウン症の兆候を診る血液検査)の用紙には、悪かった方の数値を書き込まなくてはいけないの。ごめんなさいね」と先生。



「あなたの血清マーカー検査のデッドラインは、10月2日だから、このエコー検査が終わったらすぐにでも血液検査ラボに行った方が良いわ」
と先生。
10月2日って…明後日じゃん!!



ああ、やっぱりこの検査は、避けて通れないんだな。とあらためて気づかされる。
長男のときの母体血清マーカー検査の結果は、126分の1だった。
250分の1がボーダーで、それより高い確率だと、異常値が高い、ということになる。
つまり、長男は126分の1の確率で、ダウン症児、と診断されたわけだ。



その後、羊水検査を希望して行えば、確実にダウン症児であるかどうかが確認できる。
しかし、羊水検査をすることにより、200分の1の確率で、流産が併発される。
5年前、夫とアタシは、障害児が生まれるかもしれないリスクより、流産するリスクを避けた。
つまり、羊水検査は行わなかった。



この子の初診のとき、D先生は、「ダウン症児であると診断できる確率よりも、流産するリスクの確率の方が高い」ので、最近は羊水検査は推奨されていない、と言っていた。



だけど、母体血清マーカー検査の結果がかなり悪かったらどうする?



えーーーい、後で考えよう!



と、A医師のクリニックを後に、血液検査ラボに直行する。



血液検査の看護士さんからも、
「あなた、どこの国出身?」
と訊かれる。
「日本」
と答えると、また日本にいる息子さんの話が始まった。
この国の医療業界、子供が日本にいる確率、高いようです。
こちらの息子さんは、1年日本に渡るつもりが、運命の女性(日本人)を見つけ、日本に居座ることになったとか。
ちなみに、息子さんに最近ご長男が誕生し、Louisという名前がつけられたんだそうな。
「日本では、ルイスって呼ばれてるのよ。でも、どちらの言葉でも発音できる名前って良いでしょう? あなたはもうお腹の赤ちゃんの名前考えた?」
と看護士さん。



いや、つい数十分前にお腹の子が元気に育っていることを確認し、その子のだいたいの性別も教わったばかりですから…



母体血清マーカー検査は、別の高度な検査をする研究所に委ねられ、結果はアタシとD先生に送られることになるらしい。
来週から再来週にかけて、バタバタしそうな予感…



今日、初めてお腹の子にあらためて言葉をかけた。
座高72mmのわが子よ。
ここまで元気に育ってくれて、ありがとう。
スポンサーサイト

テーマ : 妊娠初期(1~4ヵ月)
ジャンル : 結婚・家庭生活

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミネミネット

Author:ミネミネット
二人目待ちアラフォーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。