スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産院に出産予約の再確認を入れたけど

産院に出産予約を入れたのは、1ヶ月前のこと。
それから間もなく、産院から手紙が来て、
「第一期公式エコグラフィーが終わったら、下の電話番号に、規定の時間帯内に、電話で出産予約の再確認をしてください。あなたの予約再確認の連絡期限は10月14日です」
と書いてあったので、



母体血清マーカーの結果を待ってから予約の再確認をするつもりでいた。



で、月曜日に結果が出たんで、火曜日から電話をかけてたんだけど、



電話がつながらねーっ!!



繋がらないって言うか、繋がらないなら繋がらないで、まぁ電話代もかからないしまだ諦めもつくんだけど、延々と「現在電話が塞がっております。しばらくお待ちいただくか再度おかけ直しください」ってアナウンスが流れてやんの。



再度かけなおしても、再々度かけなおしても、おんなじ状況。



これ、産院に直談判に行った方がいいんじゃねーの? 
と本気で思った。
でも、「電話で」予約確認しろって手紙で来てるしね。



で、再確認の連絡期限の今日、予約開始時間から昼休みと仕事が忙しい時間帯は除いて、5分から10分おきにかけて、そのうち頭にきたんで例の待ち受けのアナウンスの間5分ぐらい待った末に、よーやっと受付嬢と話すことができた。



散々待たした挙句の受付嬢の話し方がまた、悠長なこと…
ときどき、横にいるらしいほかの同僚と電話のことと関係ない話を挟んでいるのが聞こえてくる。
そりゃ、何度かけても電話が待ち受けメッセージなわけだ。



出産予定日とか、生年月日とか、個人情報を再確認させられた後、
「じゃあ、12月3日の9時半に助産婦との予約が取れましたので、お越しください」
と、勝手に決められる始末。
え、長男の妊娠のときは、出産予定日の4ヶ月も前から産院での予約、入れる必要なかったじゃん。



「今かかってる婦人科医にぎりぎりまで診てもらうつもりでいるんで、そんなに早くから助産婦さんとお会いする必要ないと思うんですが」
と言うと、



「では、11月10日までに再度確認のお電話をください」
という返事。



アタシ: 「そんな、また電話しなくちゃいけないんですか!? この電話、数日前から一日何度もかけてたけど、ぜんぜん繋がらないじゃないですか。そんなのまた3週間後にしなくちゃいけないなんて、やってられません」



電話受付嬢: 「でも、今予約を入れられないんだったら仕方ありません」



アタシ: 「じゃあ、予約入れますよ。いつでしたっけ?」



電話受付嬢: 「さっき、かかってる婦人科医にぎりぎりまで診てもらうっておっしゃってたのに矛盾してませんか?」



アタシ: 「だって、繋がらない電話にまた延々と電話をかけなおす気にはなれませんよ!」



電話受付嬢: 「わかりました。じゃあ、12月3日の9時30分ですね」



アタシ: 「あ、12月3日は仕事で都合がつきません」



電話受付嬢: 「それでは、12月13日の9時20分ではいかがでしょう」



アタシ: 「それでお願いします」



電話受付嬢: 「では、こちらから12月13日の9時20分予約の案内状を郵送させていただきます」
ガチャッ



な、長かった… ここまで行き着くまで…



どうよ、この電話受付嬢。
やっぱり公立病院だからかなぁ。
もうちょっと熱心に仕事してくださいよ。



陣痛が来て産院に駆け込んだときは、こんなに待たされないよね???
スポンサーサイト

テーマ : 妊娠初期(1~4ヵ月)
ジャンル : 結婚・家庭生活

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミネミネット

Author:ミネミネット
二人目待ちアラフォーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。