スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年賀状と一緒に御守が到着

母から、
「水天宮様の御守送っといたから」
と電話で聞いたのは12月中旬のこと。



御守は日本からの年賀状やグリーティングカードたちと共に、本日到着。
お母さん、ありがとう♪
omamoris.jpg




早速、腹帯ならぬ腹巻(こちらも、母から、長男の妊娠のときに送ってもらったもの)に全部挟み込んでから、御守について説明が書かれた水天宮のパンフレットを読み進めると、3種類の御守のうち、ひとつは陣痛が来たときや具合が悪いときに飲むものらしい。
慌ててお腹から引っ張り出しました。
gofu.jpg



ほーほー、飲む御守かい。乙だねぇ。
なんとなく効き目ありそう♪
護符というのだそうです。
文字を「の」の字になぞりながら飲むのだということ。



前回は陣痛長くて辛かったからなぁ。
今回はよく覚えておいて、痛みがきたらこれを飲もう。



そして、同封されてきた、マタニティウエア。
maternity wairs



1枚はしかも手作り!
母上、気合入ってますね!



が、しかし…



おかぁさま、このハイビスカスは、どっから見ても真夏のモチーフじゃないでしょうか…?
summer dresse
アロハ~♪



そして、この柄のワンピ、アタシ、覚えておりましゅるよ。
あのサマーワンピのリフォームでございましゅね…



それにしても。



前回はこんな水天宮様御守フルセットとか手作りマタニティウエアとか送ってくれなかったのに、今回はどうしたことか。
やっぱり前回は、出産時立会いに遥々日本から来られても困るから、と断ったから拗ねてたんだろーなぁ。
だって、言葉がわからない国で、アタシが産院でうんうん気張ってる間どうするってーのよ。
立会えるのはダンナひとりだけなんだからさ。
そもそも、日本語を介さない愛想「0」のダンナと母の2人きり、というところを想像するだけで怖い。
そんな二人組を残して安心して出産に望める自信もなかったしさ。



今回は、出産時に長男を家で預かっててもらえるから、来たいならどうぞ、とは答えたけれど。



それでも、客間もない我が家であるし、そもそも母と2週間以上一緒に過ごすとケンカになってしまうアタシとしては、いてもらっても最長2週間ぐらいが限界じゃない?、と思ってるんだけど、母は1ヶ月ぐらいいる気満々。



アタシのために来てくれるなら、アタシのキモチも理解してよ、って感じなんだけど…
「母の気持ちを汲んでやるのが、娘の務め」っつうのがアタシのよくできた妹の台詞。
あぁ、アタシって、ホントに個人主義のこの国にかぶれちゃったのね…
どこまでも親不孝な娘ですみません。

スポンサーサイト

テーマ : 妊娠中期(5ヶ月~7ヶ月)
ジャンル : 結婚・家庭生活

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミネミネット

Author:ミネミネット
二人目待ちアラフォーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。