スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インフルエンザワクチン

先日助産婦との2回目の診断があったときに、インフルエンザの予防接種を勧められた。
妊婦は実際かかっちゃうと重症になりやすいっていうのはもともと聞いていたので、もうシーズンも終わりに近いんだろうけど、接種することにした。



この国の今年のインフルエンザ予防接種方法(毎年若干違う)は、
まず

① 薬局に行って、インフルエンザワクチンを購入する

② かかりつけの一般医に予約をして薬局で購入したワクチンをぷすっと打ってもらう



という流れ。



誰でも処方箋無しにインフルエンザワクチンが買えてしまうというのが、結構驚き。
そして、買ったワクチンを自分でぷすっと打ってしまういるというのにも、更にびっくり。
アタシにはそんな勇気はありませんが、これって危険じゃないか?



インフルエンザワクチンを大量に打っても自殺はできないかもしれないけど、体は壊しそうだよね? 
そんなことないの?
例えば無知な人が、「たくさん打てば打つほど効果があるのかもしれない」なんて思って、馬鹿みたいにワクチンを打って疾患を起こしたりすることだってありそうじゃん。



そんなバカな人は、ワクチンを買うお金もないか。



さて、昨日薬局に行って、ワクチンを求めたら、売り場の姉ちゃん、
「あなた用じゃないですよね?」と念を押してくる。



「アタシ用ですよ。先日の検診で助産婦に接種を勧められたんです」



「え、妊婦が摂取しても大丈夫だったかしら…!?」



売り場の姉ちゃん、同僚に確認してから、ワクチンを持って帰ってきました。
あんたも薬剤師だよね、姉ちゃん。
妊婦を不安にさせるような発言しないで欲しいんですけど。



一般医にもう一度ホントに8カ月の妊婦も大丈夫かどうか確認してから、打ってもらお。
スポンサーサイト

テーマ : 妊娠後期(8ヶ月~10ヶ月)
ジャンル : 結婚・家庭生活

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミネミネット

Author:ミネミネット
二人目待ちアラフォーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。