スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産休入り

いよいよこの月曜日から産休入りした。





サンキュー!











ダメだ、産休ボケしている…





で、産休入りの平日初日には、予定の産院の担当助産婦との定期検診。





「8時40分の最初の予約だから、9時15分には解放してあげるわね。約束するわ





って言ってただろ、前回。





診察室に通されたのが、9時15分でしたよ。
それに最初の予約じゃなくて、アタシの前にひとり診察してたし。
やっぱりね。期待はしてなかったけど。





「まぁ、前回のエコーの推定体重が2250g? 立派な(「Beau美しい」という表現を使う現場の皆さん)赤ちゃんねぇ!」
と、前回のエコー診断結果をPCに入力しながら感嘆する助産婦。





あのさ、いつも思うんだけど、その入力作業を窓口の医療事務員たちにやってもらえば、もう少し診察時間がスムーズに行くんじゃないですかね。
あの人たち、窓口でもいつも無駄口ばっかたたいてるじゃないですか。
どうせ、アタシたち妊婦の関係書類、事務員のところにファイルされてるんだからさ。
しかも、そのキーボードの人差し指打ち…
代わりに打ってあげたくなるっ。






助産婦:
「糖分を控えめにする食事制限は続けてますか?」






アタシ:「えぇ~、まぁ~、多少…」(本当はもうずっと普段の普通の食生活に戻してるし、食後のデザートもときどきいただいてますけどね~)






助産婦:
「じゃぁ、引き続き食前・食後の血糖値の検査を週一でやりましょう」





アタシ:「え、ちょっと待ってくださいよ! それ、先月の検診でもう不要ってことになったじゃないですか。1ヶ月間ずっと異常値がでなかったからって!」





助産婦:
「そうだったかしら?(過去の書類をチェックしながら)…そうね、そうだったわね…。でも、(赤ちゃんが大きくなりすぎるのが)心配だから、食前の血糖値検査だけは週1回やりましょう。ね!」





アタシ:「えーっ!!」と心の中で叫ぶ。






助産婦:
「わかりましたか?」





アタシ:「はい、了解です…」また裏肘に注射針の跡が増えちゃうなぁ…






助産婦:
「じゃあ、診察台のほうへ」





というわけで、その後触診。
この助産婦はエコーチェックはできないので、体重チェックと、お腹の計測と、赤子の心音チェックと、血圧計測と、子宮口の開き具合のチェックのみ。





体重は、妊娠前から10kg弱の増。
まぁ、こんなもんかな、という増加具合。
お腹周りを測りながら、
「あららららららら…、本当に立派な(「Beau美しい」という表現を使う現場の皆さん)赤ちゃん!、立派な赤ちゃんですよ、マダム!」とまた感嘆する助産婦。
わかったよ、でかいんだよね。
でかすぎるんだよね!
そんなに繰り返さなくてもいいよ。





赤ちゃんも下垂してきてないし、子宮口もしっかり閉じているので、ここ数日内に突然産気づく、ということはなさそう。
それから、血液検査の結果で鉄分が不足していたから、鉄分のサプリメントの処方をされた。





実際診察が終わって解放されたのは、9時45分のことでありました。
まぁ、これまでの検診よかロスタイムは少なかったけどね。





それにしても、ホ~ント、この助産婦、好きになれないんだよねー。
きっと相当相性が悪いんだな。
もう1ヶ月の辛抱だけど。
3月末に、まだ彼女との検診があるけどね。
赤子がまだ産まれてなければ、だけど。



テーマ : 妊娠後期(8ヶ月~10ヶ月)
ジャンル : 結婚・家庭生活

いよいよ産休突入

とうとう、産休に突入した。



社会保障局のカレンダーでは、正式には2月27日から産休入り。
だけど、明日27日は日曜日だからね。



いやぁ、
仕事っつうのは、探そうと思えばいくらでもあるもんで、「もうおしまい!」と割り切ってしまえばそれで無理やり終わりにする(=誰かに引き継ぐ)ことができるもんだなぁ~、としみじみ。



なんか、まだ実感わかないけど。



そして、とうとう出勤最終日まで、ほぼ毎日自転車通勤してしまったアタシ。
こんな自分を褒めていいのか、呆れた方がいいのか、反省するべきなのか…。
とりあえず、担当の婦人科医と助産婦には言えなかったけどね。
絶対止められただろうから。



だけど、妊婦だから転ぶわけじゃないのよ、自転車っつうのは。
バランス感覚と横から前からやってくる自動車やらなんやらに対する安全確認の問題。
たぶん、たまに自転車にまたがる程度の生活をしていたら、とっくに平衡感覚がなくなって乗れなくなってたと思うけど、ほぼ毎日乗ってたから徐々に大きくなってくるお腹の荷物にも違和感がなかったんだと思う。



これから出産まで、たぶん1ヶ月強。
自分が家でじっとしているとは思えない。
(長男妊娠のときはこの時期、赤子が下降してきてしまっていて、「できる限り家でしばらく横になっているように!」令が降りて、仕事も2週間前には切り上げさせられ、毎日ひがな一日ごろごろSUDOKU数独にふけっていたっけ。
(だからなのか、長男は数字を書くのも数えるのも大好きだ)



まぁ、来週の月曜日の助産婦との定期検診次第、ではあるけれど。



前回の検診では2時間半という記録的な待ち時間をくらわされ、
「次回の検診は、貴女を朝一番の8時40分の予約にして、9時15分にはフリーにしてあげるから」
と言われたけど、果たしてホントに9時15分に解放してもらえるのか否や。




テーマ : 妊娠後期(8ヶ月~10ヶ月)
ジャンル : 結婚・家庭生活

ぐりぐりぐりぐり~っ

昨日は夜中に3回も目が覚めてしまった。



ぐりぐりぐりぐり~っと、拳骨でお腹の内側からえぐられてる感じに耐えかねて。



最近は日中もこれを感じるようになって、思わず仕事の手が止まります。



か~なり、力が強いね、この子。



そして、眠りが浅いのね(T0T)



生まれる頃にはも少し長く寝てくれるようになってるといいんだけど…



じゃないと、おかあさん、からだもちませんよ

テーマ : 妊娠後期(8ヶ月~10ヶ月)
ジャンル : 結婚・家庭生活

後期公式エコー

今日、久しぶりのエコーを受けてきた。




本来であれば、これで最後となるはずのエコグラフィー。




しかし。




「来月も一度、赤ちゃんの様子を見てみましょう」




と、来月3日にもまたエコグラフィーのご対面をすることが許されました。




なぜかというと。




赤子が標準より大きいから。




現在、2200gぐらいで、3800gぐらいで正産期に生まれるんじゃないか、と言われてしまい…




えーっっっっっ!




それって、帝王切開じゃなくても大丈夫なの!?
長男の時だって、3400であんなに苦しかったのに!!!




でも、お腹切るのも嫌だ!




道理でみんなから、
「4月に出産予定なの? 大きいよね」「何人入ってるの?」
とか、言われちゃうわけだよ。




甘いものの食べすぎには、引き続き注意するように、と指示されてしまいました。
うーん、甘物断ちする?




あとは、




「元気な男の子ね。全然じっとしてない」




と、腕白坊主の太鼓判も押されてしまいました。




えぇ、えぇ、夜もぐっすり寝かせてくれませんから(T-T)




「これって、生まれてからもやっぱりよく動く子(多動性)になっちゃうんですかね?」




とは、怖くて聞けませんでした。




おまけに、赤子の顔をエコーで見ていいたときに、あっかんべーされました。
本当です。




「邪魔すんなよ、って言ってるみたいね」
と、エコー撮ってくれてた先生も笑ってました。




生まれる前から、大物ぶりを発揮してくれてます、次男。

テーマ : 妊娠後期(8ヶ月~10ヶ月)
ジャンル : 結婚・家庭生活

だんだんPCに向かうのも辛くなってきた

最近、PCに向かって若干前傾気味にキーボードを叩いているのも辛くなってきた。



もうあと3週間弱で産休突入だもんなぁ~。
月日の経つのは早いものです。



にしても、前回より前へ前へ突き出し気味の我がお腹。



昨日たまたま、予定日が1ヶ月前後違いの女性二人と同じ場に居合わせたのだけれど、「まぁ、アタシより予定日が後の彼女はともかく、来月頭出産予定の彼女よりも自分の腹のが突き出てるような気がする…」と、心の中で思っていたら、そこに一緒にいたダンナからも後からそう太鼓判(?)を押された。



腹の出っ張り具合競争してるわけじゃないけどね(笑)



今週の金曜日は、3回目の公式エコー。
これが基本的に、最後のエコグラフィーになるはず。
どれぐらい成長しているか、久々のご対面が楽しみのような、ちょっと怖いような…

テーマ : 妊娠後期(8ヶ月~10ヶ月)
ジャンル : 結婚・家庭生活

プロフィール

ミネミネット

Author:ミネミネット
二人目待ちアラフォーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。